アレンジレシピ

春のアレンジメント企画 パーティにつけていくコサージュ


ガーベラを使ったリストレットコサージュ
▲八重桜を使ったコサージュ

<花材・資材>
・桜(アーティフィシャルフラワー)
※15輪程度使います。葉も使うので、葉がついているものが良いでしょう。
・リボン3種類
 ・ワイヤー入りリボン
 ・両面サテンリボン
 ・ブレードリボン
・パールビーズ
・ワイヤー
・フローラルテープ
 
ふりふりペタルの八重桜を束ねた存在感のあるコサージュ。アーティフィシャルフラワーを使うので、扱いもカンタンに作れます。同系色のリボンを組み合わせたデザインなので、シンプルなドレスやジャケットの胸元にも似合います。春のお洒落な装いを楽しみましょう。

コサージュ

Step 01

【ワイヤリング】
桜花は茎1cmでカットします。
ワイヤーは20cm程度にカットし、真ん中で半分に折り曲げます。

Step 02

【ワイヤリング】
ワイヤーと花の茎部分をあわせ、上からフローラテープで巻いていきます。

Step 03

花、葉、ブレードリボンをそれぞれ同じようにワイヤーをかけ、テープを巻いていきます。
ブレードリボンは両端にそれぞれワイヤリングしておきます。

Step 04

フリルリボンを作ります。両縁にワイヤーの入ったリボンを10cm程度にカットします。
リボンの縁にあるワイヤーをリボンの両サイドから引っ張りリボンを寄せていきフリルを作りながら丸くなるように整えます。このときワイヤーが抜けないように注意!
リボンが丸くなったら、ワイヤーをねじって1cmでカットします。

Step 05

花を3輪束ね、その周りに3枚の葉を添えます。

Step 06

花を足して、丸くなるように組んでいきます。

Step 07

葉を5枚足していきます。

Step 08

フリルリボンをステムの下から通し、根元の部分を覆います。

Step 09

リボンを6個加えます。均等になるようにしましょう。

Step 10

フリルリボンをさらに加えます。束ねたワイヤーを3cm程度(*)残して揃えてカットし、フローラテープでまとめます。まとめたワイヤーは90度に折り曲げます。
*前から見たときに見えない程度の長さ

Step 11

ループリボンを作ります。さらに、4本のリボンを加えてワイヤーでまとめます。

Step 12

ループリボンをコサージの根元に見えるように取り付けます。4本のリボンはバランスを見てお好みの長さにカットし、所々にパールビーズや花びらを貼り付けて出来上がり。



-PR-

緑とともに生きる

花贈りガイド

HIBIYAKADAN-TIMES