桜だより2011 > 日本各地の桜だより(桜だより2009) > 九州からの桜だより

九州からの桜だより

九州エリアから、桜の開花情報についてお伝えした桜だよりレポートです。2011年の桜だよりはこちらをご覧ください。

鹿児島の桜が見頃です。
2009年3月23日

鹿児島の桜

~わが胸の 燃ゆる思いに くらぶれば 煙はうすし 桜島山~
と詠まれた”桜島”、現役の活火山で実際火山灰という砂を私達の生活圏内に降り注いだりする非常に暴れん坊な山です。
最初は恋人への熱い思いを伝える詩かな?などと勝手に解釈していましたが、実際には幕末の武士の強い思いを表したその内容に相応しい、勇壮な姿をしています。

鹿児島の桜

~鹿児島”甲突川遊歩道”~
まだ殆ど咲いていないもの~五部咲き位が中心ですがほぼ満開のものも見受けられます。
見ごろは3月29日の週位でしょうか?きっとそのころには沢山のお花見客で賑わっているとおもいます。PM10:00まではライトアップもされているようなので“夜桜”の撮影レポートもお届けしつつお花見に参加出来ればと思っています。

鹿児島の桜

~谷山慈眼寺公園~
正に今週末が見ごろです。地元ニュースでも取り上げられており、沢山の家族連れなどが楽しそうにお弁当をひろげている姿が多く見られます。
園内を小川が流れ、その自然をそのまま生かしたこの公園は本当に落ち着ける場所で私も本当にお気に入りの場所になりました。

鹿児島の桜

今後は、時間の許す限り地元の魅力を改めて感じられるような素敵な桜スポットを探しながら、レポートしていきたいと思います。

鹿児島からの桜だより ~甲突川遊歩道の桜~
2009年4月14日

~甲突川遊歩道の桜~
桜も花びらがはらはらと舞い落ち、短い満開の期間が過ぎた事を感じさせます。
川沿いの歴史資料館の前に一本だけ咲いている八重桜だけが少し遅れて美しく咲きほこっていました。

甲突川遊歩道の桜

遊歩道は桜に変わって、華やかにツツジが咲き、ひっそりとした佇まいで藤の花が咲いて いました。

甲突川遊歩道の藤の花
甲突川遊歩道の華やかなツツジ

~鹿児島と火山灰~

撮影に出かけた4月9日は、桜島で 何年かぶりの大きな噴火が起こり、噴煙は4000m以上上空に舞い、鹿児島市内に
大量の火山灰が降り注ぎました。
県外の方はあまりイメージ出来ないと思いますが、日中でもいきなり辺りが暗くなり上空から“砂”が降ってきます。
皆さん、よくパニックにならないなと本当に感心しますが、コンタクトレンズの人などは大変なようです。
ニュースでは、一時的に視界が数メートルになってしまった事や、今後の桜島の活動などが盛んに取り上げられていました。
翌日は町全体が灰色、SHOPも早くからスタッフが出勤し、水で火山灰を洗い流します。
しかし風が吹くたびに地面に積もった大量の火山灰が舞います。積もっている火山灰の飛び散るのを防止する為の散水車なども
出動しますが、根本的に雨が降るまで火山灰から逃れる事は出来ません。

風が吹くたびに火山灰が舞い上がります

生活していく上でも支障はありますが、農家の生産者の方などには本当に深刻な被害を与えてしまいます。
このまま桜島の火山活動が強くならない事を祈ります。

降り積もった火山灰
鹿児島からの桜だより ~満開になりました~
2009年3月30日

満開
満開

甲突川遊歩道は川上(加冶屋町~中央町)は満開、河口付近(天保山付近)は8分咲き といった所ですが、平日のお昼にかかわらず桜の写真を撮られる方や、昼食をとられる方 で賑わっています。もちろん本格的なお花見もスタートし夜にはバーベキューの香りが漂い、楽しそうな話し声が聞こえてきます。

甲突川遊歩道の桜
甲突川遊歩道の桜

~鹿児島県立吉野公園の桜~

鹿児島県立吉野公園の桜

今回10年位ぶりに訪れましたが、その自然をそのまま生かしたようで、非常に綺麗に整理された園内は桜も満開、美しい景観や雄大な緑に包まれているような感覚が味わえる素敵な公園でした。鹿児島中央駅からならバスで20~30分程度で行ける場所にある本当の癒しスポットです。3月27日~4月5日が桜まつり期間となっており、その期間園内でのバーベキューが出来たり、週末にはフリーマーケットも行われているようですので、ご家族で行かれるのにおすすめですね。

鹿児島県立吉野公園の桜
鹿児島県立吉野公園の桜

~鶴丸城~

初代薩摩藩主・島津家久によって築城されたお城です、お城自体は明治時代の大火事で焼失してしまったそうですが。お堀はそのまま残されており現在鹿児島歴史資料センター黎明館がその中にあります。残念ながらこの日は休館日でしたがまた訪れて黎明館にもいってみたいとおもいます。

鶴丸城の桜

投稿者:鹿児島ベイサイドガーデン店スタッフ名

鹿児島からの桜だより
2009年3月02日

鹿児島の桜

まず紹介するのは、鹿児島市の中心を流れる甲突川の河川沿いの桜です。甲突川は鹿児島市の中心をながれており、川岸は公園などに整備され鹿児島市民の憩いの場となっています、Webなどの情報によれば全体で600本のソメイヨシノが植えられているそうです、春には沢山のお花見のお客様でにぎわいます。
残念ながら、ほとんど咲いておらずまだ時間のかかりそうな感じでした。

鹿児島の桜

もう一箇所
こちらは慈眼寺(ジゲンジ)公園の桜、小さな清流が流れる公園で、夏(3月~)にはソーメン流しなども行われるとても自然を生かしている公園です。その公園の中の桜広場を紹介します。僕自身も実際に訪れた事はあまりなく桜の咲く季節に訪れた経験はありませんが、川の流れの音が常に心地よく響く本当に癒される場所だと感じました。

鹿児島の桜
鹿児島の桜

こちらも公園の桜はもう一歩といった感じですが少し離れた斜面に他の木々にまじってしっかり咲いている木もありました。同じ桜・ほんの少しさきに生えているだけですが周りの環境で結構差があるものだとちょっと驚きました。

鹿児島の桜
鹿児島の桜

投稿者:鹿児島ベイサイドガーデン店スタッフ

舞鶴公園三分咲きです。
2009年3月23日

九州では今年、いち早く桜の開花宣言がされました。
ここ舞鶴公園の桜も三分咲きでほのかな桃色が彩り始めました。

舞鶴公園

桜の枝のつぼみが膨らんで、一瞬にしてすべてのピンク色の花が飛び出してきそうです。

舞鶴公園

中には既に、美しい花をつけている桜の木も見られ、特にこのしだれ桜は、絵に書いたようにとてもきれいに咲いていました。

舞鶴公園

大天守台から眺めた博多と桜。もうすぐここからの風景がピンクの絨毯に変わることでしょう。

舞鶴公園

きれいに咲いている桜を見つけ、青い空をバックに眺めて幸せな気持ちを満喫しました。きっともうすぐすべての桜が咲き誇り、見渡す限りの景色すべてを変えてしまうことでしょう。

舞鶴公園

投稿者:天神イムズ店スタッフ

  次のページ >>

pagetop

Copyright (C) 2010 HIBIYAKADAN All rights reserved.